無駄を落として体をスッキリさせましょう。

ジェレミー・チャンスの「姿勢」のお話 指導に活かす 日常に活かす Jan 07, 2022


日本で働けることがわたしにとっての喜びであるのは、日本人の生徒さんは一般的に非常に注意力に優れていることにあります。日本人の聞き、学び、その場に集中する能力は並外れています。「日本ではヨーロッパなら普通は6日間かけて教える内容を3日間で教えてしまえるんだよ」とわたしの先生が話していたことがあります。この小さな列島日本が世界中で2番目の経済大国であることには訳があるのです。日本人は驚嘆すべき忍耐力と集中力の持ち主です。

日本は、アレクサンダーの発見を根付かせるには良い環境です。実はボディチャンスは、アレクサンダーワークの歴史から見てもっとも成功した組織なのです。最初のレッスンが1894年に行われたことを考えれば、日本は、アレクサンダーの発見ととても相性が良いと思うのです。

ボディチャンスの成功は、メンバーやサポーターのみなさんが聞き入り、学びに来ていただけるお陰なのです。アレクサンダーの発見を一般社会に普及するというボディ・チャンスのビジョンをサポートしてくださってありがとうございます。

最近ずっと考え続けていることがあります。ボディチャンスの特質とは何であるかということです。ボディワークを行い、自分の状況を内省し、健康向上のアイデアを提案する場は数多くあります。ボディチャンスはこれらすべてを提供します。ですが、他とは違った質とはいったい何であると言えるのでしょうか?そこで気がついたことは、

わたしたちの学校は、

付け加えていくことではなく、無駄を落としていくことを教えているのだということでした。

非常に忙しいこの世の中では、毎日のようにどんどん情報を提供されます。あるリサーチによれば、わたしたちは一日に76~1518件の広告を目にしているそうです!しかもこのリサーチはインターネットが普及する以前に行われたものなのです。今日どれほどの広告を目にしたかということは計り知れません。この情報過多の状態の中にいるわたしたちの体に新しい情報を入れようとすることは、お茶のいっぱい入ったコップにさらにお茶を注ぎ込もうとするようなものです。

わたしたちに必要なことはコップを空にすることなのです。捨てるお手伝いをすることこそがボディ・チャンスの仕事です。あなたの人生を汚染するガラクタを捨てるお手伝いをさせてください。ボディ・チャンスは大掃除屋です。自分の中にたまったガラクタやゴミを捨てて自分の人生を一掃する時間を作りましょう。ボディチャンスに来れば無駄を落として体がすっきりします!

先日フィットネス産業の方とお話しする機会がありました。ボディチャンスの考え方は、彼らにとっても新鮮であったようです。

これは先駆的スポーツ界での新しい流行になってきているようです。スポーツで抜きん出るためには無駄な行動を手放す研究をする必要があるのです。

それは、自分のしている無駄な行動や緊張、ストレスを確認していく行くということです。緊張やストレスというものは、本来、状況から発生するのではなく、あなた自身が状況に対してどう反応しているかにかかっているのです。状況のせいにしないで、状況に対する接し方を変える能力を発揮してみましょう。

割れたグラスが散らばっている世界にいるとしたら、世界中を掃除することにすることと(環境を変える)自分の靴を履くことと(自分を変える)どちらの方が楽な選択であると言えますか? もちろん環境を変えてから自分を変えられたら良いのは分かりますが、ポジティブな変化をもたらす小さな片隅がこの世に存在するとすれば、それはあなたの中に存在するのです。

ボディチャンスは、メソッドを大切にし、学んでいるみなさんがあってこそ仕事が展開できるのです。ボディチャンスの存続は、みなさんの関心があってこそなのです。私は、みなさんに深く感謝しております。そして日本にとても満足しています。日本は世界に先駆け、どの国よりもアレクサンダーの発見をしっかりと受け止め、社会にポジティブな変化をもたらすために動いているのです。

さらに詳しく知りたい方へ
どんな本よりも分かりやすく身近に読める無料の【BODY CHANCE メルマガ】にご登録下さい。
あなた自身の問題解決のヒントがたくさん得られます。

メルマガのご登録はこちらをクリック

 「アレクサンダー・テクニーク」は全世界で取り入れられている脱力&緊張解消メソッドです。

あなたの悩みを解決に導く方法を学んでみませんか?

体験レッスンについて詳しく見る