Q&A


 
 
 

アレクサンダーテクニークについて

 
 
 
 
 
 

アレクサンダーテクニークってなに?

アレクサンダーテクニークは、オーストラリア人のF.M.アレクサンダーの発見に基づくテクニークです。
アレクサンダーは俳優でしたが、自分の声がかすれてしまう原因は、自分の「習慣」にあることに気づきました。

誰でも考え方、動き方、感じ方に習慣を持っています。
ですが習慣のなかには、本来備わっている心身の自由さや調和をじゃまする習慣もあります。
アレクサンダーは、必要以上に心身を緊張させる習慣が原因で、リサイタル中に声がでなくなるという問題を抱えていました。
彼にとってそれは習慣だったので、意図的に “自分が何をしているのか" に気づこうとする以前は、その緊張に気づかなかったのです。

彼のテクニークが教えてくれることは、問題の原因が、自分の「やっていること」にあるのであれば、そして、それに気づくことができれば、それを変えることができるということです。

ただし、独学でそれを行うことは、並大抵のことではありません。
一人で気づき、変化しようと思うとき、人は「感覚」を使います。
しかし、感覚も「習慣」を持っていますから、本当に「習慣」から抜け出す事は難しいのです。
胸を張ってそり気味に立つ癖のある人は、それをやめると「猫背」になった気がする場合があります。
バランスよく立っていても、そういう感じがしないのです。
それが「感覚の習慣」です。

そのため、アレクサンダーテクニークの教師がいます。

アレクサンダーテクニークは教師とともに、「考え」と「動き」の中の「必要以上に緊張する習慣」を減らしていくことを練習し、本来備わっているバランスや自由さをとりもどす「自分の使い方」トレーニングです。
レッスンで学んだことは実生活の中で練習できるので、時間のない方にも続けやすいワークです。

自分の使い方が仕事のにとって重要な、音楽家・俳優・スポーツ選手などに多く学んでいる方がいますが、どんな方にとっても、役に立ちます。

また、肩こりや腰痛などの改善のためにレッスンを行うかたも多くいます。

 
 
 
 
 
 

どんな人がまなんでいますか?

以下のような方がアレクサンダーテクニークを学んでいます。

  • 音楽家、俳優、ダンサー、スポーツ選手、武道家などの、身体を使う職業の方
  • マッサージ師、理学療法士、セラピスト、整体師など、人のケアをする方
  • 緊張癖がある、身体のよりよい使い方に興味がある、もっと楽に仕事をしたい という希望のある方
  • 肩こりや腰痛がある、立ち仕事・座りっぱなしの仕事で身体が痛い という方

 
 
 
 
 
 

アレクサンダーテクニークは何に役にたちますか?

心身の緊張によりおこるあらゆるトラブルに対して役にたちます。
また、楽器の演奏・ダンス・発声など、身体を使って行うことをより上達させることに役立ちます。

 
 
 
 
 
 

骨格が歪んでいるといわれました。アレクサンダーテクニークでよくなりますか?

アレクサンダーテクニークは,骨の矯正のためのレッスンではありません。
しかし、アレクサンダーテクニークを学んで、バランスの良い身体の使い方をするうちに、身体のゆがみが改善されることがあります。
骨格のゆがみを直すことを目的にはできませんが、よりよい身体の使い方の副産物として効果がある場合があります。

 
 
 
 
 
 

姿勢がわるいのですが、良い姿勢になりますか?

あなたの「良い姿勢」というのが、学校で習うような「きょうつけ」のようなものだとするならば、身体にとって、多くの不必要な緊張を強いることになります。
アレクサンダーテクニークは、そういった姿勢の練習はしません。
アレクサンダーテクニークでは、本来備わっている無理無くバランスのとれた身体の使い方を学べます。
立つこと、座ること、歩いていることなどが、より楽で効率的になりますので、そういう意味で「よい姿勢」になります。

 
 
 
 
 
 

音楽をやっているのですが、アレクサンダーテクニークでもっとうまくなりますか?

楽器を演奏するのであれば、ぜひ楽器をもってレッスンにお越し下さい。
演奏している時の不必要な緊張や動きを改善していきますので、より演奏しやすくなったり、長時間演奏する場合の疲労や負担を和らげます。
多くの場合、身体が自由になることによって、音の響きが変わります。
歌を歌う方にとっては、立つ事が楽になったり、あなたの声から不要な緊張がなくなり、より楽に自由に歌えるようになります。

 
 
 
 
 
 

人前にでると緊張してしまいます。なおりますか?

緊張することよりも、緊張によって、何ができなくなってしまうかが問題です。
あなたがどうやって緊張を作り出しているのか、その緊張によってどんな状況になってしまうのかを、レッスンで観察することができます。
そして、どうやったら、緊張を減らせるのか、もしくは、緊張によっておこる問題を減らせるのか、練習することができます。
緊張は減るかもしれませんし、減らないかもしれません。
けれど、緊張するときの失敗、問題を減らしていく事ができます。

 
 
 
 
 
 

もっと楽に声をだしたいのですが、役にたちますか?

アレクサンダーテクニークは、「FMアレクサンダーの声がかすれてしまた」ことから始まったワークです。
アレクサンダー自身の声が改善されたように、自分の使い方を学ぶことで、より楽に声をだすことができるようになります。

 
 
 
 
 
 

精神的な病気を抱えています。こういったことにアレクサンダーテクニークは効果がありますか?

アレクサンダーテクニークは、セラピーや医療行為ではありません。
BODYCHANCEとしては、レッスンがご病状に対してどう影響するのか、その診断はできず、責任を持つ事ができかねます。
アレクサンダーテクニークによって得られる身体的サポートが、精神のサポートにとして役に立つ場合もありますが、センシティブな状況では学ぶ事が難しい場合もあり、過剰な刺激・ストレスとなる事があるかもしれません。
レッスンをお試しいただく場合は、ご自身のご状況を考慮し、自己責任のもとに起こしいただくことになります。
レッスンの際には、必ず、ご状況を教師にお伝えください。

 
 
 
 
 
 

風邪をひきやすいのですが、アレクサンダーテクニークでなおりますか?

アレクサンダーテクニークは、医療行為ではありません。「自分の心身の使い方」を学ぶレッスンです。
姿勢や動き方が変わった為に、生理的機能に影響がおこることは考えられますが、それ自体を目的としたものではありません。
「レッスンをうけてから、風邪を引かなくなった」「アレルギーがよくなった」「体調がよい」というフィードバックはありますが、医学的な証拠はなく、あくまでも生徒さんご自身のご判断です。
教師はレッスンの目的を「体質改善」にすることはありませんし、出来ませんので、あくまで個人的な「フィードバック」「体験談」として受けとめています。
そのため、「体質が変わることがあるかも知れないし、無いかもしれない」という曖昧なご回答となります。

 
 
 
 
 
 

アレクサンダーテクニークの本を読めば、身につけることができますか?

アレクサンダーテクニークは習慣的な自分の使い方を変えるトレーニングですが、独学では学ぼうとすれば、「感覚」を使うしかありません。
感覚も習慣をもっています。
習慣をもった感覚を使って、習慣から抜け出す事が容易であるはずはありません。
アレクサンダーテクニークの本を読んで、テクニークを知的に理解することはできますが、実際に身体で理解することは難しいと思われます。
しかし、日本にはアレクサンダーテクニークの教師がじゅうぶんにはいません。
BODYCHANCEを運営する(有)アレクサンダーテクニークアソシエイツの社長であり、教師養成コースのディレクターでもあるジェレミー・チャンスは
「ひとりでできるアレクサンダー・テクニーク」
という本を書きました。
この本はひとりでアレクサンダーテクニークをマスターするための本ではなく、「ひとりで出来る事」をご紹介しています。レッスンを受けられない方のご参考になればと思います。

 
 
 
 
 
 

身体が固いのですが、やわらかくなりますか?

ストレッチをする時の不必要な緊張を減らすことにより、普段より柔軟性を増す場合があります。
実際には、身体が柔らかくなったのではなく、本来持っている柔軟性を引き出すといった感じです。
アレクサンダーテクニークが身体を柔らかくするわけではありませんので、身体のバランスがよりよい状況でトレーニングする為に、学んでください。
それにより、トレーニングの効果・ストレッチ効果をあげる事ができます。

 
 
 
 
 
 

情報のご希望


 
 
 

個人情報について

個人情報の取り扱いについては、プライバシーポリシーをご覧下さい


 
 
 

その他お問合せ

そのほかのお問合せについては、BODY CHANCEへお問合せください。