ボディシンキングオンライン

あなたのティーチングスキルをどうしたら豊かにできるでしょうか

このコースに含まれる内容

・指導者トレーニング生に提供する機能的解剖学に関する BodyThinking オンラインコースです。あなたの動きを分析し、変えていく能力を開発しましょう。

・全コース受講申し込み特典1:東京あるいは大阪のスタジオにて、グループレッスンの中で個人的なセッションを受けるためのチケット5枚を進呈します。―レッスンを受講する事でしつこく続く痛みを解消できます。

・全コース受講申し込み特典2:ジェレミー・チャンスのオンラインの1日BodyThinking ワークショップが付きます。実際的でしかもエネルギーの節約となるメソッドを伝授します。何かの指導をされている方にとって生徒を見る時に役立つ情報が得られます。

・全コース受講申し込み特典3:アソシエイト・ディレクターのグレグ・ホールダウェイのスーパーサイズBodyThinkingのオンラインビデオ 。グレグがミュージシャン、パフォーマー、サラリーマン、その他の方の日常的な問題に対してBodyThinkingを応用する方法を3晩に渡って教えた様子がご覧になれます。

上記の内容はこれまで一般に公開されたことがありません。

「あなたの体は幻影です。
脳が、純粋に利便性のために構築したものです」

S. ラマチャンドラン「脳のなかの幽霊」

S.ラマチャンドランは、「存在しない腕を切断した」最初の内科医でした。物質的に言って、彼の切断した腕は存在しませんでした。しかし、その腕の持ち主にとって、その腕は存在したのです。

アメリカの南北戦争のゲティスバーグ決戦後、シラス・ウィアー・ミッチェル医師は、あることに気づきました。戦争で腕や脚を失った兵士たちは、失くした腕や脚の痛みを訴えていたのです。 「幻肢」(切断した手足がまだあるように感じること)という言葉は、ミッチェルが造りました。この用語は今も使われています。

ラマチャンドランは、物質的な腕とイメージ上の腕は別個のものとして存在していることを実証した最初の人でした。毎日の動きの中で、実際の腕を体験することはありません。私たちは、ただその投影したイメージを体験するのです。

これはボディシンキングと多いに関係があります:あなたの体に対するイメージがあなたの動き方を決定するのです。

ボディシンキング・オンラインを構成する概念とは・・

腕と脚に対する誤った思い込みと、それによって引き起こされる体験は、実際の腕と脚に投影されます。 このセンテンスをもう一度読み返して見てください。 驚くようなことです! あなたは、腕はこう動くはずだという思い込みに従って腕を動かします。その思い込みが全く不正確で、腕の実際の機能の仕方とは全く違うとしても、腕はその思い込みに従って動こうとします。

想像は現実に勝ってしまうのです

この神経科学的な理解がBodychanceのボディシンキング(BT)オンラインコースの基礎です。このプログラムでは動きに対するイメージに対して、本格的な再生を行います。あらゆる骨、筋肉、関節に対する理解を、この正確なイメージに照らし合わせて再構築します。

もし、あなた自身のイメージが正確であったとしても、あなたが誰かを教えたり、誰かの動きを分析するときに、この視点から観察できるようになるでしょう。 .

BTオンラインプログラムでは、まず最初に、あなたの中にあるイメージを、実際の動きの構造に対する真実と、照らし合わせてみてください。 私たちはすでにかなり混乱していて、ナンセンスなことを考えています。 ですから、実際にそこにあると本当にわかっているシンプルなところからスタートする必要があります。 そういう理由で、私は動きに関して比喩的な表現を使うことを好みません。滝が私の中を流れてきました、とか、頭が浮いているみたいです等そんな表現で体の動き方を説明することです。

頭のてっぺんが紐で釣り上げられている、と考えている人がいますが、実際に誰かの頭が紐で釣り上げられているのを見たことがある人はいますか

事実からスタートする方が良いのです。 芸術的になることは後からでもできます。 ラッキーなことに、解剖学者たちは人間の動き方に対する真実の情報を何百年も前から現在に至るまで記録してきました。彼らの仕事はほぼ完成されているのです。これらの情報はBTオンラインで提供されています。

一方で、解剖学者の知識も、一般的な推定にすぎませんーあなた自身がワークの中で発見していくことはたくさんあります。 なぜなら全ての人は自分独自の構造を持っているからです。20パーセントの人が多数派と同じ数の骨や筋肉を持たないのです。 ROM (関節の動ける範囲) は構造上の違いから、各人で異なります。

例えばバレエダンサーの間でも、股関節の動きの範囲はダンサーによって異なります。柔軟性とは遺伝的なものであると言えるでしょう

この機能的な解剖学的知識を身につけたら、あなたが自分の動きを発展させる力は増大します。それをBTオンラインで体験するでしょう。

頭・脊椎の関係が体の動きにどんな影響を与えているか、というアレクサンダー氏の発見はこの再生のプロセスを最もスムーズに経過するための必須要素です

なぜなら体の構造と動き方は頭脳的で精神的な活動であるからです。 身体に障害を持っている人でも頭の中では道を走ることができます。ソビエトの反体制派活動家、シャランツィは冷え切った独房に400日間投獄されましたが、いつも頭の中で自分に対してチェスの闘いを挑みながら生き延びたそうです。

ルガーノで開催された国際会議で、神経学研究者パスキュアル=レオーネは、ピアノを練習しているところを想像しただけでピアノを演奏する能力が格段に伸びることをデモンストレーションしました。彼はピアノに実際に近寄ることすらしませんでした!

基本的には、私たちの脳は現実と想像の違いを見分けるのがうまくないのです。なぜでしょう?上記のラマチャンドランを引用したのは、これを説明したかったからなのです。

私たちの全ての動きは認知的に投影されたもの(想像されたもの)なのですーリアルなものですらありません。切断した腕のことを思い出して下さいね。

アレクサンダーは自転車に乗る方法を自分で研究した人について『人類最高の遺産』の第二部で話題にしています。その人は実はアレクサンダー自身のことでした。彼は最初に自分が自転車に乗っているところを想像したそうです。

「私は意識的建設的コントロールの原理を使いながら、自転車に乗って事故に遭わずに坂を降りていくことのできた人を知っています。二日目からは他の車が行き交う道を自転車で30マイル先に出かけていき、折り返し30マイルの距離を自転車に乗って帰ってきました。

この自転車のプロセスを参考にして、他の種類の動き方を正確に思い描くことで、体の構造に沿った協調作用を取り戻すことができるはずです。

これは「身体を感じること」ではなく「身体を思うこと」です。あなたの身体に対する考え/アイデアは正確であった方が良いのです

これをどのように成し遂げることができるでしょう?

家を建設するようなものですー最初に土台—骨からスタートします。 次にそれをどのようにつなげるかー関節について調べましょう。 そして骨がどのように繋がるか、骨がどんな風に筋肉によって動かされるか、にポイントが移ります。 BTオンラインではこうしたことを勉強していきます。

ここまで到達すれば、あらゆる種類の動きを分析する準備が整いました

あなたが音楽家に教える人であろうと、スポーツのコーチであろうと、踊りの先生であろうと、あなたのレッスンは、このコースによってより多くの生徒さんを満足させることができるようになるでしょう。

わたしは自分の勉強したかったコースをデザインしました。わたしは、生徒さんのためにコースを設計しながらその内容を学んで行きました。やっと完成にまで持ち込むことができました。動きを見て、理解して分析していたら良いことがありますよ。

最初のモジュール:頭と軸にトライしてください。その他のモジュールにも関心をお持ちの方は是非ご購入下さい。

オンラインフルコース特典

BTプロオンラインコースと共に、大阪、あるいは東京のスタジオで行なっているBCベーシックレッスン5回を提供します。ライブセッションでBodyChance ティーチャーのワークを体験できるチャンスです。

さらにボーナスビデオが2本あります!!2つのワークショップの中には自分の本当にしたいことをしたがっている生徒さんをヘルプするために必要な情報をお伝えています。1本目は、東京でジェレミーが一般向けのワークショップを教えます。2本目はアソシエイト・ディレクターのグレグ・ホールダウェイ先生(踊る学者)が大阪のトレーニング生にレッスンを教えてます。

長期的な恩恵をお約束するパッケージです!いつでもBodychanceの知恵を借りられます。

パッケージに含まれているもの:

◆ボディシンキング:1 – 頭と軸 | 2 – 腕と軸 | 3 – 軸とあし (89,400円に相当

◆グレグ・ホールダウェイのスーパーサイズ BodyThinking プロオンライン(ボーナス)

◆東京のジェレミーチャンスのワークショップ (ボーナス)

◆BodyChanceスタジオで開催されるクラスに参加できるチケット5枚 (32,000円に相当・3ヶ月有効)

121,900円44,700円!!(税別)でアクセス可能になります!

フルコース申込ページはこちら

ボディシンキング 1 – 頭と軸

ボディシンキングのコース1「頭と軸」には5つのレッスンがあり、それぞれ3本から7本のビデオが含まれています。各モジュールには数本のビデオが含まれ、頭・脊椎が骨、筋肉、関節とどのように関わっているか、軸骨格の動きなどのアレクサンダー・コンセプトの意味を探求していきます。

コース1の申込ページはこちら

ボディシンキング 2 – 腕と軸

ボディシンキングのコース2では軸骨格と腕の動きの関係性を探っていきます。

アレクサンダーの原理に基づく数々のユニークなコンセプトを、日常的な動きに応用する方法をお伝えします。

コース2の申込ページはこちら

ボディシンキング 3 – 軸とあし

ボディシンキングの最終コース、コース3は三つのコースの中で最も長い時間数があります。

四肢を持つ哺乳類である人間が、2本足で歩くことから生じる数多くのパラドックスを探求していきます。

コース3の申込ページはこちら