恐怖の裏側=生きたいという強い望み

 

こんにちは。渡邊愛子です。

…そろそろ年末の足音が聞こえてきましたね。

私事ではありますが、これまで拠点としていた名古屋から上京して、早10ヶ月が過ぎようとしています。

BodyChanceの教師養成コースもぽちぽちと担当させていただくようになった今日この頃ですが、

教師としても、人間としてもまだまだだなぁと感じることばかりです。

 

本日ご紹介するものは、引っ越してすぐ、ある病院での出来事を綴ったものです。

少々パーソナルな内容のため、不快に思われる方もいらっしゃるかもしれませんが…

ぜひ、お読みください。

 

 

 

「恐怖の裏側=生きたいという強い望み」

 

 

関東に引越して来たことで、これまで経過観察のために通っていた病院も転院することに。

 

新しい主治医の先生から
「PET-CT検査は今までされてないんですか?」
と聞かれて、
「…(何じゃそりゃ)。いや、普通のCTだけですけど…。」
と答えると、
「遠隔転移をしやすいということはご存知だと思います。一度ぜひ検査してみましょうね。ここでは設備がないので、ちょっと横浜のほうまで足を伸ばしていただくことになりますが…。少々高額ですけど、保険効きますのでね。」
「…(高額(°▽°)⁈ マジすかー⁈)。あの、おいくらくらいかかるものなんでしょうか…?」
「3万円くらいですねー(^ ^)。でも自費だと10万円超えますからねー(^ ^)。」
「…!!(゚Д゚ノ)ノ 。。わ、分かりました…。」

 

保険が適用になるには理由が要るということで、検査の書類に先生が
「転移の疑い」
と書かれたのを見たときは、やっぱりちょっと胸が重苦しくなった。

 

PET検査とは、簡単に言うといわゆるガンの検査で、全身(脳以外)のガン細胞を比較的簡単に早期に発見することができる検査だということだった。

 

後日、電車を乗り継いで横浜へ。
検査に必要な薬品を点滴してもらって、1時間ほど安静にしていると、いよいよ検査室へ。

 

…不自然なほど広い部屋に、大きな筒状の白い機械が置かれている。
若い女性の技師さんに、その機械に横たわるよう促されると、腕と胴体をグルリと大きな布で固定された。

 

「動かないでじっとしていてくださいね。15分ほどで終わりますので。」

…。
……。

白い筒の中を、少しずつベッドが移動していく。

………。

……もうそろそろ終わりかなぁと思ったころ。

 

「検査時間はあと10分です」

冷たい声がマイクを通して響く。

『…あと10分?まだ3分の1しか終わってないの?』

そのたったの10分が、私には永遠の時間のように感じられた。

 

見知らぬ場所。
初めての病院。
無機質で不自然に広い部屋。
得体の知れない大きな機械。
耳障りなモーター音。

 

筒の中はそんなに狭くないはずなのに、すごく狭く息苦しく感じて、どんどん手足が冷たくなっていく。

刹那。

「…コレデ転移ガ見ツカッタラ、私ハドウナルンダロウ…」
まだ起こってもない、ありもしない恐怖が、深淵の闇のように私を取り囲む。

 

ここに来て、
やっと掴みかけたもの。
たどり着いた場所。
そんな大切なものが、指の間から次々とこぼれ落ちていくように感じて、
私は思わず、事前に渡されていた、検査を中止するボタンを押してしまった。

 

「…どうしました?大丈夫ですか?」
制御室から技師さんが出て来て、心配そうに私を覗き込む。
「…あ、ごめんなさい。大丈夫です…。」
「このまま中止してしまうと、検査を最初からやり直すことになりますが…。」
「いえ、大丈夫です。ごめんなさい。続けてください。」

 

そこでやっと我に帰り、自分がアレクサンダー教師であることを思い出して(←遅いw)からは、落ち着いて検査を続けることができたのだった。

 

家に戻ってから、ひとり『検査止めちゃって、技師さんに迷惑をかけちゃったなぁ。。』とブツブツと反省しつつ、ここはアレクサンダー教師らしく(←遅いww)、その
「得体の知れない恐怖」
が何だったのかをもう少しクリアにしてみることにした。

 

私のその恐怖は、シンプルに言えば「死への恐怖」と「それに伴うあらゆる意味での苦痛への恐怖」だったと思う。

 

そしてそれはまた裏側から見れば、
「生きたいという強い望み」
「自分がやりたいと思うことに、いつでも取り組むことができる自由さを持っていたいという強い願い」
とも言えるだろう。

 

思考は選べる。

 

練習は必要だけど、いま自分が「裏側」としていることを「表側」にすることもできる。

…次に検査を受けるときは、「自分にとっての本当の表側」を考えて臨みたい。(←遅い…w)

 

まだまだです。

 

 

【渡邊愛子のメールマガジン”より幸せなパフォーマンスのために”】

このたび、メールマガジンを発行することになりました!

 

このメルマガには、
・演奏を始めとしたパフォーマンス
・楽器や歌などの音楽レッスン
この2つをさらにブラッシュアップさせていきたい方々、そして
「よりご自身の人生を自分らしく進んでいきたい」
という方々を心から応援する私のアツい想いを込めまくっています!
ぜひご購読くださいませ!

 

↓ご購読はこちらから!

 

【BodyChance 教師養成コース無料体験入学のご案内】

「アレクサンダー・テクニークを専門的に学びたい」「自分もアレクサンダー・テクニークの先生になりたい」…。
BodyChance教師養成コース(プロコース)では、そんな方々のために無料体験入学を実施しています。

詳しくはこちらをご覧ください。

渡邊愛子が担当するクラスは以下のとおりです。ぜひご参加ください!

・3月6日(水) 18:30〜21:30 目黒スタジオ
・3月8日(木) 19:00〜22:00 新宿スタジオ
・3月28日(水) 18:30〜21:30 目黒スタジオ

 

【BodyChance入門講座】

「演奏&パフォーマンス力をUP!あなたのための”自分の使い方”入門」

担当:渡邊愛子

日時:12月17日(日) 15:00〜17:00
    1月21日(日) 15:00〜17:00

参加料:【入門レッスンのみ 5400円(税込) 】

    【初回限定!セットチケット 19800円(税込)】
      →「入門レッスンだけだとちょっともの足りない…」
       「実際のベーシックレッスンも受けてみたい…」そんな方に!
         入門レッスンに加え、ベーシックコースのレッスンへ2回参加できるチケットがついたお得なセット券です。
        初回の方のみの限定販売!

     *ベーシックコースの方はチケット1枚でご参加いただけます。

会場:BodyChance目黒スタジオ

詳しくはこちら!

 

【BodyChanceベーシックコースを無料で見学できます!】

12月
17日(日) 11:00〜12:30 新宿スタジオ 担当:渡邊愛子
21日(木) 14:00〜16:30 新宿スタジオ 担当:渡邊愛子
21日(木) 19:00〜20:30 新宿スタジオ 担当:渡邊愛子
23日(土) 11:00〜12:30 目黒スタジオ 担当:渡邊愛子
24日(金) 15:00〜16:30 目黒スタジオ 担当:渡邊愛子
27日(水) 14:00〜15:30 目黒スタジオ 担当:渡邊愛子
 1月
6日(土) 11:00〜12:30 新宿スタジオ 担当:渡邊愛子
10日(水) 14:00〜15:30 目黒スタジオ 担当:渡邊愛子
11日(木) 19:00〜20:30 新宿スタジオ 担当:渡邊愛子
12日(金) 19:00〜20:30 新宿スタジオ 担当:渡邊愛子
13日(土) 15:00〜16:30 新宿スタジオ 担当:渡邊愛子
19日(金) 14:00〜15:30 新宿スタジオ 担当:渡邊愛子
19日(金) 19:00〜20:30 新宿スタジオ 担当:渡邊愛子
21日(日) 11:00〜12:30 目黒スタジオ 担当:渡邊愛子
24日(水) 19:00〜20:30 目黒スタジオ 担当:渡邊愛子
31日(水) 19:00〜20:30 目黒スタジオ 担当:渡邊愛子

上記からご都合の良い日時、スタジオをお選びいただき、

・お名前
・メールアドレス
・お電話番号
・見学を希望する日程、スタジオ
・参加動機など

を本文にご記入の上、aiko@bodychance.jp までメールにてお申し込みください。

 

BODY CHANCE のメルマガ

アレクサンダー・テクニークはなかなか本だけでは理解できないかもしれません。そこで実際にレッスンを受けてみるのがベストですが、スタジオが遠い、時間がないなど、なかなか足を運べないこともあるでしょう。

 

そんな方には、メルマガ登録がお勧めです。

 

BODY CHANCE のメルマガはとにかく質が高く量が豊富。無料で本が読めてしまうような感じがするくらい、読んで学べるメールを多数配信しております。

 

登録はこちらをクリック ↓↓↓