演奏&パフォーマンスに効くアレクサンダー・テクニーク

あがり、緊張解消

 

緊張してしまう理由のひとつがわかったような気がしました。

ステージに立っておじぎするところから、緊張してしまう理由のひとつがわかったような気がしました。
聴いてくださる人と音楽を作る(コミュニケーションをとる)と思うといいのかもしれません。
普段から身体全体を使って(バランスをとる)ように動きたいと思います。
K.N.さん(入門レッスン参加)

 

身体が心地よいとさらに心も心地よく、happy

人間の持っている力のすごさに改めて気付きました。快い姿勢に自分を持って行けると、身体の全てが心地よく機能し始め 、身体が心地よいとさらに心も心地よく、結果的に全て happy になる気がします。
ノー・モア・アガリワークショップ参加者の声

 

無意識の緊張が手放せました。

ティーチャーに触られると、体が暖かくなって、楽にピアノが弾けました!無意識の緊張が、ふっと手放せました。
H.Y.さん(入門レッスン参加/ピアノ)

 

ラクになる

 

悩まされていた演奏時の指の抵抗感もほとんど感じなくなっていた。

…しばらく私が弾く所を観察されてから、先生は演奏姿勢に関する
2つの改善点を簡潔な言葉で指摘して下さいました。
それらに留意しながら再度弾いてみた所、音色も響きも画期的に改善され、
同時に、今まで悩まされていた演奏時の指の抵抗感もほとんど感じなく
なっていました。その場にいらした他の受講生の方からも、

「さっきとは全然違いますね!!」

という驚きの声が。

H. K. さん(ベーシックコースグループ受講)

 

いつの間にか、肩こりが気にならなくなっていました。(ホルン奏者)

アレクサンダーテクニークは自分の演奏をより良いものに変えていくキッカケになると思います。向上心のある音楽仲間に薦めたいです。
Iさん(ホルン奏者)

 

自分の身体と快適にすごせる、そんな気持ちがした。

自分の身体をいかに無意識に酷使していたかを知ることができた。身体の無駄な動きをやめて、自分の身体と快適にすごせる、そんな気持ちがした。動きを分析してくれるレッスンが、とても興味深い。
H.A.さん(入門レッスン受講/ダンサー)

 

背骨の長さを知る。よけいな力がぬけていく。

自分の身体の中心が、背骨でバランスを取りながら立っている。
背骨の長さを知る。
それだけを意識すると、よけいな力がぬけていく。

M. N. さん(入門マンツーマンレッスン参加)

 

パフォーマンスの変化

 

考え方を変える

少し考え方を変えるだけで、演奏に大きな影響、変化があることに驚きました。
東 豊章さん(入門レッスン参加)

 

余計な動きがパフォーマンスを阻害

毎回、新たな気づきがある。やらない努力が大変面白い。余計な動きがパフォーマンスを阻害していることを再認識した。
松浦光男さん(プロホルン奏者/入門レッスン受講。)

 

音色の変化

レッスンの途中でも音色が変わっていくのが分かる。
S.Mさん(バイオリン)ーBODYCHANCEで10ヶ月間レッスンー

 

その他

 

自分が思いこんでいた外に気づくのはおもしろい

楽しかったです!
これからもアレクサンダー・テクニークを通じて、
自分を知り、愛し、人の心に届く歌を歌っていきたいです。
またよろしくお願いします。(M.A.さんのもう一つの体験談はこちら
M . A .さん(お盆集中肩こりサヨナラ3日間プログラム参加)

 

もっと体の内部を意識できることが分かった。

体の中の小さな変化が自分の出す音に大きな変化をもたらすのだと感じ、その絶大さに驚かされました。
内平健さん(トランペット奏者) 

 

視野が広がった感覚

バイオリンの構えを見ていただいたところ、構える際に自分がわざわざ気づかないうちに、姿勢を崩していたことに気づかせて頂きました。これを「やめる」と、実際に音の広がりを体験しました。さらに、物理的に視野が広がった感覚もありました。
A.O.さん(入門レッスンを受講/バイオリン奏者)

 

『人間の体のつくり』から考える体験は新鮮

楽器演奏における疑問の解消の為にBODYCHANCE のワークショップに参加したところ、実に多くの実りがありました。『人間の体のつくり』から考える体験は新鮮で、とても楽しかったです。
山上聡史さん(高校生/オーボエを演奏)
 

 

意図することに導かれて動き始めるという体験

ダンスの動きのとき、形に合わせようとするのではなく、意図することに導かれて動き始めるという体験ができ、リードが相手に伝わったのが嬉しかったです。
山田恵子さん(肩こりサヨナラトライアルに参加)