アレクサンダーの先生になる。プロコース受講者の声

今の私には、「魔法」から「プロペラ機の操縦」ぐらいになりました。

『人間本来の動きなのに、その動きを知らない自分』を知ることが、毎週の楽しみ…
夏見博子さん(大阪梅田スタジオ ThinkingBodyコース)

 

フリーランスで活動しようと決断できたのもここでの学びが大きく関わります。

自分自身そのものを伝える。そんな講師になりたい。
山口裕介さん(大阪梅田スタジオ アレクサンダー・テクニークコース)

 

管楽器プレイヤーという専門とアレクサンダーテクニーク教師という専門を融合させた新しいキャリアをいま準備しています。

ホルンの技量もどんどん伸びていき、プロ奏者としての活動ができるまでになりました。
バジル・クリッツァー(東京アレクサンダーテクニークコース/BODYCHANCEスタッフ)

 

いまは、これからの自分の生き方に、どんなことが起こるかなぁ、なんてワクワクしながら毎日を過ごしています。

アレクサンダーを学び始めてから、ぎっくり腰になることはもうなくなりました。 
福井健太郎 (東京アレクサンダーテクニークコース/BODYCHANCEスタッフ)