ジェレミーチャンスの Thinking Body 1 Day セミナー

ジェレミーチャンスの

「不安や心配を力に変えるための Thinking Body 1日セミナー」

〜不安は人生を前向きにするツールになる〜

 

こんにちは。BODY CHANCE 代表で教育ディレクターのジェレミー・チャンスです。

あなたは今まで、ほとんどの人に「不安は悪い精神状態であり、不安は解消しないとダメなもの」と教わってきているのではないでしょうか。

しかし、私はそうは思いません。むしろ、不安は必要不可欠なものだと思っています。

 

「不安」や「心配」は悪い感情ではない

あなたは毎日毎日、来る日も来る日も、不安に悩まされ心配が絶えないのかもしれません。時には心配の種は仕事の事だったり、別の日は人間関係であり、またお金の事も気にかかる。不安の「理由」には事欠かず、日々変って行く。

あなたにそんな心当たりはありますか?

そうすると、不安自体が問題のように思えてきます。

「いつも不安を感じているのはおかしい。不安を感じなくなる方法を見つけなきゃ」と考え始めます。しかし、そうやって不安は解消した事、無くなった事はきっとないはずです。

私からあなたに伝えたい事があります。

不安を感じている、それでいいのです。不安を感じる事に何ら問題はありません!

 

「不安」や「心配」は恩恵を与えてくれる感情?!

私のThinkingBody 1 Day ワークショップでは、世間とはかなり異なる視点を紹介します。

「不安」や「心配」に長く悩まされてきたあなたに、今までとは違う新しい考え方をしてもらえることと思います。

そして、自分の人生に変化を起こすための、立証された方法をご紹介します。紹介する方法は、アレクサンダー・テクニークの発見者であるF.M.アレクサンダーの発見した事柄に基づきます。

いまBODYCHANCEで私は、このアレクサンダーのワークが実は感情を行動に変え、行動を変化につなげるための強力なサポートになるということを教えています。

不安や心配は、感じて悪い感情ではありません。むしろ、よくそれらに耳を澄ませば、とても恩恵を与えてくれる感情なのです。

想像してみてください。

80階建てのビルの屋上から下を覗き込むと、不安になる。部屋に煙が充満しはじめたときに心配を感じる。

これは悪い事なのでしょうか。もちろんそんなはずありませんね!このような場合は、不安や心配は全て生命を救うためにはたらきます。

ThinkingBody 1 Day ワークショップでは、これらの感情を自分の人生に前向きな変化を起こすためにどうやって使っていけるのかを、教えます。

 

行動できないから、問題は問題であり続ける

「なぜ不安なのか」という事をいくら考えてもいつまでたっても変化はおきません。

8世紀の偉大な詩人、シャーンティデーヴァはこれをうまく説明しています。

「もしも改めることができるなら、憂うべきことなど一体何があるのだろうか。

もしも改めることができないのならば、憂うことで一体何の役に立つというのだろうか。」

 

これをふまえて考えると不安や心配の本当の原因は、

1.問題の性質を理解し損なっている

2.原因を除去するための行動に失敗している

のどちらかであることが明白です。

 

不安の源をどうすれば除けるのか

しかし、そうはいっても行動したり新しいものを取り入れることは、面倒に感じたり、あるいはためらいがあるかもしれません。

古いことわざに

「変らないままでいる苦痛が、変るための苦難を越えた時にだけ、人は変われる」

という意味のことわざがあります。

変化に抵抗するのは自分を守るひとつの方法なので、自然な本能であり、抗いたくなるというのは人間性の一面でもあります。

なので、変化を面倒に感じる自分を責めないでください。何一つあなたは間違っていませんし、直すべきものはありません。あなたはそのままでいいのです。BODYCHANCEがとっても大事にしている考え方があります。BODYCHANCEのハートといってもいい考え方です。

それは、「あなたがこれまで取った行動は、そのときのあなたにとって最善の行動であった」ということです。
望む結果は得られてこなかったかもしれません。しかしそれでもあなたは精一杯ベストをあなたなりにやってきたのです。

 

「変化」とは私たちがためらう「行動」そのものである

なぜ、人は行動をためらうのでしょうか?

それは、「難しいなあ。そんな行動を取るのは、大変だなあ」と考えるからです。

例えば、あなたが思春期の頃、初めて誰かの事を好きになった時のことを思い出してみてください。

自分の気持ちを知って欲しいと、相手にほほえみかけたり、会話の端々のそういう雰囲気を漂わせたり、プレゼントをあげた

しかし、それができたでしょうか?

特別な人でない限り、きっとためらって何も出来なかった=行動できなかったでしょうか?

でも、自分の好きな人に微笑みかけることの一体何がそんなに難しいというのでしょうか?

「あなたは素敵な人ね」と舌を動かして声を出すことの何がそんなに大変なのでしょうか?

お店に行ってプレゼントを買ってそれを渡す事の何が一体そんなに凄い事なのでしょうか?

「食事に行かない?」と尋ねてみることなにが、それほど勇気のいることなのでしょうか?

 

これらの行動はどれも、容易いものです。

どれを取っても、やろうと思えばいつでもできるような簡単な物理的な行動です。

 

なぜ行動をためらってしまうのか

「難しい」行動というのは本当は次のようなものです。

迷宮から脱出するのは「難しい」です。

原子炉を設計するのは「難しい」です。

時速40キロで走るのは「難しい」です。

ですが、微笑む、贈り物を買う、食事に誘うことのいずれもちっとも「難し」くありません。なのになぜ、あなたは「難しい」と言うのでしょうか?答えは単純です。

やってみたらどんな感じがするか分からないからです。どんな結果になるか予測できないからです。悲しい思いをするんじゃないか、恥をかくのではないか、がっかりするのじゃないか?

不安と心配、落胆、葛藤、イライラ、無力感、孤独感、みじめさ、ふさぎ込んだ気分。様々な感情が往来します。

人間なら誰でも、未知のものや状況に遭遇すると、考えられる最悪の結果を自動的に恐れてしまいます。ひどい結末を想像しはじめ、行動を取る勇気が失われていくのです。

 

生き方の変化を阻む、人間の生理

変化を怖れる生理的に組み込まれた習慣は、おそらく例えば10万年前なら人間にとって役立つものだったでしょう。その頃、人間は常に危険と隣り合わせで、危険の予知が重要でした。

岩陰に虎が隠れているかもしれない。

茂みには蛇がいるかもしれない。

いくつもの悲惨な事態がすぐ近くにありました。そのため、思考は常に危険を探知し、予期していました。だからこそ生き延びられたのです。ですので、あなたの不安や心配は、人間という生き物としてごく自然な一面なのです。

こういったことを感じることは何ら異常ではありません。ただし、もう10万年前の自然界に私たちは生活していない現在、あなたの不安「職を失う」「他人に批判される」「お金が足りない」「他人に拒絶される」ということに変わっています。

新しい行動を取るかどうか、不安に感じている―何が起こるか分からないから、そしてーどんな感じがするか分からないからです。

悪い事が起こるんじゃないかと想像するので、行動を取りません。

状況に変化を起こす行動が「難しい」と感じるので、ずっと同じままで留まります。なのでそのまま不安と心配を続けます。しかし、そうやって変わらないでいても、苦しい不安は去りません。どんどん強まるばかりです。

あなたがやる必要があることは、次の可能性に開いていくことです。

 

1日セミナーで学べること

わたしの教える1日セミナーでは、「新しい可能性を探す」ということを楽しく学んで行きます。

ゲーム形式な場面もあり、ワークショップでは楽しく簡単に感じるでしょう。そこから実生活にあてはめられる可能性に、あなたはきっと気が付くでしょう。どんな新しい結果が隠れているのか。どんな恩恵を、あなたは本当は受け取ることができるのか。そしてあなたが本当に生きたい人生は、いったいどういうもののなのか。

私たちは誰しも「情熱」や「望み」という名のエネルギーを持っています。その情熱にふたたび火を灯す必要があるのです。

自分に「わたしは何を望むのだろう?」と問いかけることを思い出して下さい。

生きていることのもっと深い意味と目的は何だっただろう?

深い意味と目的を、毎日の生活とつなげているだろうか?

本当に望む変化はどんなものなのか?

そこに目を向けて下さい。

 

自分の本当に望む変化を発見する!

変化について考え始めると、必ず悪い結果をまず思い浮かべます。

それが人間の生理的なプログラムですから。

しかし思春期の頃,自分の気持ちに正直に行動を取ったあなたは、きっと変化=行動を実行する事で、楽しさ、満足感、嬉しさ、充実感、平和な気持ち、自信、共感、勇気、達成感、強さ、つながり、そんな素晴らしい感情や感覚を感じられる事もあるのを知っているでしょう。

ThinkingBody 1 Day ワークショップでは、「変化を織り成す6つのステップと3つのエネルギー」を使って豊かな感情と変化が起きるために必要なステップを一緒に考えていきます。

そんな素敵な感情を、もっと体感しませんか?

 

ジェレミーチャンスについて

BODYCHANCEプロコース トレーニング・ディレクター

1972年からアレクサンダー・テクニークにかかわりはじめ、1979年から教えてきました。
1986年からはアレクサンダー・テクニークに関する国際誌『ディレクション』(www.directionjournal.com)の編集もつとめてきました。

『ひとりでできるアレクサンダーテクニーク』の著者。

 

オーストラリア・アレクサンダー・テクニーク協会(AUSTAT)を創設するために尽力しました。オーストラリアでは,シドニーのNIDA、俳優センター、俳優大学、ミュージッック・コンサーバトリアムで教え、メルボルンのビクトリア大学の芸術学部で教え、1980年からオーストラリアの教師養成学校3校で教えてきました。

また,ヨーロッパやアメリカにも足をのばしてパフォーマンスへの関心以外に身体の動きと感情との関係を調べ、この分野での仕事は、わたしたちの協調作用のパターンに含まれているのは、意識的に認識されていない貴重な情報があることを探究しています。俳優たちにとってそれは、キャラクターの協調作用に対する洞察を提示することができます。彼は現在、子供たちがいるゴールド・コーストと、現在住んでいる東京の間を行き来しています。

 

実施要項

ThinkingBody 1day ワークショップ

【東京】
日程:2017年 8月 6日(日)
   2017年11月25日(土)
   2018年 3月 4日(日)
時間:10:00 〜 17:00(昼休憩あり)
場所:BODYCHANCE目黒スタジオ
教師:ジェレミー・チャンス

 

【大阪】
日程:2017年 7月30日(日)
   2018年 2月17日(土)
時間:10:00 〜 17:00(昼休憩あり)
場所:BODYCHANCE大阪梅田スタジオ
教師:ジェレミー・チャンス

 

1dayワークショップ参加費

一般参加者 ¥19,800  *特典:どなたかお友達やお知り合いを1名お連れして参加ができます!
BCメンバー ¥9,800 

 

定員

10名様限定(※先着順とさせていただきます)

 

振込先(※参加費は事前にお振り込みください)

三菱東京UFJ銀行 目白駅前支店 普通預金 0471573
ユ)アレクサンダーテクニークアソシエイツ

 

対象

どなたでも大歓迎です。はじめての方にも分かりやすい内容になります。

 

一般参加特典

追加料金なしで、お友達やお知り合いの方1名と参加していただくことができます!
(2名1組でも ¥19,800 でご参加できます)

 

お申し込み

ジェレミーチャンスのThinking Body 1 Day セミナーは下記のフォームからお申し込みください。

 

お名前 (必須)

 

ふりがな (必須)

 

メールアドレス (必須)

※フリーメールでのお申し込みの場合、こちらからの返信が届かない場合があります。(特にhotmailのご記入はお避けください)
また、 携帯での申し込みは文字化けしてしまうので受付できません。ご了承ください。

 

お電話 (必須)

 

参加希望日 (必須)

 

参加区分 (必須)

 

一般参加の方でお友達やお知り合いと参加される場合は、その方のお名前

 

メッセージ(ご質問・ご用件等、ありましたらご記入ください。)

 

 

※2、3営業日を過ぎてもBODY CHANCEからの返信が無い場合、迷惑メールフォルダに振り分けられていないかご確認の上、0120-844-882 までご連絡ください。